関東地方も、ようやく、梅雨が明けたようです。それでも、平年よりは、いくらか、早い梅雨明けだそうです。写真は、前にお見せした華厳の滝の近くにある「湯滝(ゆたき)」です。これからは、猛暑が続きますので、少しでも涼しさを感じていただけるように載せてみました(何を載せようか、迷ってばかりというせいもあるのですが)。湯滝は、やはり、中禅寺湖の水が流れ落ちる滝です。華厳の滝とはだいぶ感じが違う滝ですが、それでも湯滝を見ると、様々な感情が湧かされる気がします。

 先週は、熱海市の土砂崩れについて、あれこれと長く書きすぎたかも知れません。そのせいか、1週間のポストビューが、830といつもよりかなり少なかったです。短歌を読んでくださる方々は、長い文章は、お好みではないかも知れません。(まして、私などの駄文では。)

 今週の短歌は、熱海市の関係のものが4首、それから五輪関係のものが3首になります。後者は、またスキャンダルです。組織委員会は、よほど、見識が豊かでない人が多いみたいで、なぜ、こんな過去を持つ人を開、閉会式の音楽担当者として、選んだのでしょう。ネットの記事などを読むと、いくらだいぶ前の学生の頃の「いじめ」と言っても、あきれるほどの仕打ちです。ここには、とても書く気になれない仕打ちをしています。それは、いじめの域を超えていて、明らかに犯罪行為です。刑法の脅迫罪、暴行罪、傷害罪等々に該当すると思います。短歌にも書きましたが、辞任させるべきだと思います。まだ間に合うはずです。世界中に、醜聞を流さないでほしいと思います。

普通ではない会社だと指導せず市はあきらめて不正黙認

議会でも採り上げられていた事件市議会さえも対応をせず

盛り土だけ許可したのではプラごみや廃土鉄くず何でも埋める

死者多数流出崩壊家屋多数業者と県と市との責任

開閉の式の音楽担当者まだ間に合うよ辞めさせるべき

いじめではなく犯罪だ許されずこんな男の音楽かけるな

学生の頃の行為であるにせよオリンピックに泥塗らせるな 

(追記) ネットの記事によっては、問題の人物が、開閉会式の音楽担当とあったのですが、今日の記事などを見ると、開会式の音楽担当となっています。一応、「開会式の音楽担当」という方が事実のようです。そのように考えていただきますよう、お願いいたします。